迷路その2

2d_labyrinth_3d_02.jpg

2d_labyrinth_3d_02.zip

 迷路を改良しました、スムーズに移動します。ファミコンからPSってところでしょうか。迷路ファイルが新しい形式になったので、迷路生成プログラムも新しいのにしてください。

auto_labyrinth02_outtext02.zip


↑:向いている方向に進む
↓:バックする
→:右を向く
←:左を向く

PageUp:上を向く
PageDown:下を向く

Fキー:フォグ効果のON/OFF
F1キー:ウィンドウモード/フルスクリーンモードの切り替え

投稿者 robosheep : 2005年10月30日 13:43 | コメント (6) | トラックバック


2d_labyrinth_3d_03.zip
通路の真ん中だけでなく、自由に動き回れるようにしました。

投稿者 robo sheep : 2005年10月30日 15:18


2d_labyrinth_3d_03.zip
上を向けない、壁にめり込む、Releaseで実行すると壁が消える等のバグを直しました。
迷路ファイルや画像ファイルのカスタマイズのために、ReadMe.txtに仕様を書いておきました。

投稿者 robo sheep : 2005年10月30日 20:42


バックがおかしかったバグも修正

投稿者 robo sheep : 2005年10月31日 10:48


2d_labyrinth_3d_04.zip
テクスチャの荒さを改善、ちょっと重くなったかもしれません。

投稿者 robo sheep : 2005年10月31日 13:58


昔部活の先輩がやっていた「キングス・フィールド」??
というゲームを思い出します。
目線感覚なので壁にシアター状にして皆で遊びました。
ダッシュすると凄い揺れるんで酔うヒト続出。
スライムにのると揺れるんで酔うヒト続出。

主旨は把握してなかったけど面白いゲームでした。
(遊び方を間違えているとも言いますね)

投稿者 猫柳 : 2005年11月03日 16:55


フロムソフトウェアのゲームっすね。
シアター?プロジェクターでゲームやったのかな?楽しそう。

3D酔いは3Dゲームの難題の一つだと思います。いろいろと考えられてはいるようですが・・・。アメリカで流行のFPS(キングス・フィールドのような自分視点のシューティングゲーム)とかだと「慣れろ!」って言われてるような気がします。(まだ慣れねぇよ、オエっぷ

CAVEも比較的酔い易い装置なので、その辺の調整も大変です。Vomit(嘔吐)っていうサンプルプログラムもあったですし。
今作ってるゲームは多分オープンキャンパスの時に子供が遊ぶと思うんですが、かなり高価な機械なので、壊されたり酔って吐かれては大変なので。

投稿者 robo sheep : 2005年11月03日 18:34

3Dの2次元迷路

2d_labyrinth_3d_01.jpg

NeHeのプログラムを少し改良して作りました。迷路ファイル"2dlabyrinth.txt"を読み込んで、3Dで迷路を作り、その中を歩き回れるプログラムです。歩き回るといっても、通路の中心しか歩けなくて、しかも移動のモーションがありません。移動はファミコンのゲームみたいになってます。それから、ゴールしてもなにも起こりません。見ての通り、かなり基本的な機能しかないので、迷路としてはかなりやりづらいです。しかし、ちゃんとアップグレードしていくんで、待っててください。

2d_labyrinth_3d_01.zip

迷路ファイルを作るプログラムはこっちです。

auto_labyrinth02_outtext.zip

何度も言いますが、迷路生成アルゴリズムは改良予定です。

投稿者 robosheep : 2005年10月29日 23:26 | トラックバック

迷路自動生成プログラムを少し改良

auto_labyrinth02_outtext.gif

auto_labyrinth02_outtext.zip

 CAVEでなんか作ろうってことで、迷路とかなら簡単そうだなー と思ったから作り始めた迷路。とりあえず、昔作った迷路自動生成プログラムを少し改良して、"ファイル->名前をつけて保存"で画像を保存する代わりに、迷路を0と1の文字に変えたテキストファイルを出力するように改良。

25, 17
1111111111111111111111111
1111111111111111111111111
1111111111111111111111111
0000100010000000000000111
1110111011111111111110111
1110001000000000000010111
1110111011111111101110111
1110000010000000101000111
1111111110101111101110111
1110000000101000000000111
1110111111101011101110111
1110101000001010101010111
1110101111101110111010111
1110000000100000000000000
1111111111111111111111111
1111111111111111111111111
1111111111111111111111111

出力ファイルはこんなんなります。もちろん1が壁で、0が通路。

 迷路のアルゴリズムが見ての通り壁を成長させていくものなので、一番外側の通路が長すぎるなど迷路としてはいくつか欠点も。これは後で変更予定(壁倒し法がいいんですかね?)最終的には不思議のダンジョンみたくしたいんだけど(部屋あったり)、アルゴリズム知らん・・・。

バグの報告お願いしますです。


ちなみに、昔作った方はこっちです。迷路を自動生成して、"ファイル->名前をつけて保存"でビットマップファイルとして迷路を保存します。(昔はこれでクリアに何時間もかかりそうなでかい迷路作ったなぁ)
auto_labyrinth01_outbmp.zip

投稿者 robosheep : 2005年10月29日 17:23 | コメント (2) | トラックバック


迷路のサイズ大きくしすぎると、保存できなかったりします。ゴメンナサイ

投稿者 robo sheep : 2005年10月29日 21:20


テキスト出力する方のプログラムを更新しました。このコメント以前にダウンロードした人は、もう一度同じプログラムを落として、上書きするか新しく保存して使ってください。

投稿者 robo sheep : 2005年10月29日 23:38

CAVE 4回目

 今日やったこと

・実写テクスチャを貼った、床、箱を表示
それだけですが、今までと比べるとかなりリアルでした。

・4次元上の点を表示
点や線を使っているからか、表示はされるのですが、なぜかうまくいきませんでした。

うっしゃー 次迷路、迷路w

投稿者 robosheep : 2005年10月28日 17:38 | トラックバック

4次元の点を描画

4d01.gif

 4次元の点の位置データファイルを読み込んで、それを回転し描画するプログラムです。4次元で奥にあるものほど黒く、そして線が下に伸びるようにして、手前のものほど白く、線は上に伸びるようにしました。回転は4次元(視点の回転)でも行なっていますが、3次元への投影は正射影なので単に4次元目の要素(以下w軸とする)を無視してるだけです。

例えばここに四次元の点[3, 4, 5, 6]があったとするとw軸の要素6を無視して、3次元の点[3, 4, 5]として処理してることになります。これだと、4次元の意味がないような感じがしますが、それ以前にwを含む面(wx平面、wy平面, wz平面)での回転を行なっているので4次元の影響は出ます。

具体的にはwx平面でθ回転した場合、回転の行列変換は
[x', y', z', w'] = [x, y, z, w] *
_              _
|  cosθ  0  0 sinθ |
|   0   1   0  0   |
|   0   0   1  0   |
|_-sinθ  0  0  cosθ_|

となるので回転後のx座標x'は
  x' = x*cosθ - w*sinθ
となって移動します。これはxz平面での回転(y軸回転)の
  x' = x*cosθ - z*sinθ
とほぼ同じ、wかzかの違いだけです。

加えて今回は、面にテクスチャを張ってるわけでもなく、ドット単位の点や線で表示しているので、3次元の奥行き感がまったく出ません。なので、3次元で回転しても、4次元で回転しても、このプログラムではまったく同じように見えてしまうわけです。

しかしCAVEの場合は3次元の奥行き感を立体視で感じることができるので、少しはわかりやすくなると期待しているのですが・・・・・。どのみち大きさの変らない点や線はやめようとは考えてます。

投稿者 robosheep : 2005年10月27日 13:49 | トラックバック

CAVEで何を作ろう?

 現在、高度3次元可視化装置を研究で使っているわけですが、研究課題の方はかなり余裕があります。しかし、せっかくなので研究以外のものを作って装置で遊びたいなと考えています。(装置の利用の可能性を広げる意味でも)

なので何か良いアイデアがないか募集します。どんなものでもいいんですが、立体視にする意義があるものだとなお良いです。

<現在考え中のもの>
・3次元迷路
・シューティングゲーム
・銀河系を表示
・特殊相対論的効果
・メガデモ

時間も限られているので多くのプログラムを作るのは難しいですが、面白いアイデアがあれば優先的に作りたいと思ってます。あまり難しいことを考えてしまうと良いアイデアが浮かばなかったり、僕のと似たようなものになってしまうので、気軽にどんどん書き込んでください。CAVEの機能を無駄使いして、ナンセンスなものを作るってのもアリです。専門的な知識とかはまったく要りません。むしろ無いほうが、奇抜なアイデアが浮かぶかも?

(お米とか一粒ずつ描画して、マトリックスのようにスローで、ちゃぶ台返しをシュミレートとか・・・・・(意味不明)

投稿者 robosheep : 2005年10月26日 20:20 | トラックバック

CAVE 3回目

 CAVE行ってきました、前回のリベンジです。僕も少しずつ慣れてきたからか、だんだん言うことを聞くようになってきました。満天の星を表示でき、今回は満足のいく結果が得られました。

・テクスチャーを読み込まなかった問題を解決
AUX_RGBImageRecを使うのに、プロパティ->リンカ->入力->追加の依存ファイルでglaux.libを追加して、をインクルードするだけでした、反省。

・点や線が使えなかった問題を解決
MatrixModeをデフォルトのまま使ったら、描画されるようになりました。

・描画範囲の問題は未解決
gluPerspectiveで描画範囲を広げるプログラムを作りましたが、大きく変更しても見た目の描画範囲がまったく変りませんでした。こんどはグリットとか表示して確認してみます。

・Fog(霧)の実装成功
特に問題もなく、実装できました。

・条件付ながらOpenGLコードの分離に成功
mainとOpenGLのコードを分離して、Windows用プログラムのOpenGLの部分だけ移動・コンパイルすればCAVE用プログラムが作れるようにするもの。まだ完全でないのでOpenGLのコードを変更しなければなりませんでしたが、概ね成功。


<次の目標>
・点データを読み込んで表示するプログラムを実行
・そのプログラムで4次元データを扱えるように変更
・コントローラーによる操作の変更
・OpenGLコードを変更せずにCAVEでコンパイル・実行できるようにする
・ついでに何か別な志向のものが作れればいいな(迷路とか)

投稿者 robosheep : 2005年10月26日 19:54 | トラックバック

新しいマシンが決まりました。

univ-uni-an4.jpg

以前書いた、大学生協オーダーパソコンです。

CPU: Athlon64 X2 4400+ 2.2GHz キャッシュ1MB Soket939
メモリ: 4GB (1GBx4) PC3200 DDR400 Dual-Channel
HDD: 300GB 7200RPM 16MBキャッシュ
光学ドライブ: DVD±R/RW 2層対応スーパーマルチドライブ DVD+DL/R/RWx6x16x8 DVD-R/RWx16x6 RAMx5 ROMx16
ビデオコントローラ: NVIDIA GeForce PCX 7800GTX 256MB DVIx2

すばらしい!
もう数学科に足を向けて寝れません。

あとXP Proがついて30万ぐらいです。CPUについては4600+,4800+もありえます。

投稿者 robosheep : 2005年10月22日 19:51 | コメント (2) | トラックバック


なにこの白たん

投稿者 らくてと : 2005年10月22日 23:40


研究マシンだよ、研究、けん・・・・

投稿者 robo sheep : 2005年10月23日 09:49

Imageカテゴリー

 Imageカテゴリーで右側のサムネイル群を、画像サイズに合わせてボックスの大きさを変えたいのですが、うまくいきませんでした。

 とりあえずpaddingでの白枠を復活させて、画像をtext-alignでセンタリングしました。それから個別のエントリーページの、上の”前の写真””次の写真”のサムネイルを、現在エントリーのカテゴリー内だけ限定にしました。

 それから、動物画像を大量に追加しました。Imageカテゴリーでもどんどんコメント付けてやってください。

投稿者 robosheep : 2005年10月21日 22:25 | コメント (4) | トラックバック


っていっつもOperaで見てたから気づかなかったけど、IEで見ると結構違うんですね。おかしなところもあったり・・・。次回ちゃんとなおします。

投稿者 robo sheep : 2005年10月21日 22:47


見てきました。

ろぼさん写真上手ですよね。
にゃんこ写真が沢山あってウハウハしてます。
何回でも見に来ちゃいますよー^^

投稿者 猫柳 : 2005年10月22日 09:55


いやぁまだまだっすよ。性能の良くない携帯のカメラなんで、ピント合わせるのも苦労したり。

猫の一団の時は、常にシャッターチャンスで楽しかったですが。

投稿者 robo sheep : 2005年10月22日 13:29


はぁ、MTやcssが夢にまで出てきた・・・。

投稿者 robo sheep : 2005年10月22日 19:35

Willcomの情報端末

1020willcom05.jpg

(impress watch)
ウィルコム、定額でWebブラウズ・メール・通話が可能なモバイル情報端末「W-ZERO3」
ウィルコム、VGA液晶搭載のモバイル端末「W-ZERO3」〜シャープ/マイクロソフトと共同開発

んー 来ました。WillcomがPHSで携帯端末の分野に乗り込んで来た、って感じです。てかW-SIMもう出てたんですね、これが売れたらどんどんW-SIM対応製品が出てくるんでしょう。

やっぱり単体で通話可能ってことと、データも定額ってのが魅力的です。
ですが一方、通信速度が最大速度が128kbpsだったり、11月下旬からの通話・メール定額に追加できる「データ定額」も10万パケットまでと不完全ですし、料金の方も他社と比較する必要がありそうです。
それから、僕はPDAに詳しくないのですが、通話機能以外に他のPDAと差別化できるような所がないような気がするんですが、気のせいでしょうか?
そして通話機能を利用する時は、このデカイ携帯を耳に当てるんでしょうか?。イヤホンマイクやヘッドセットはビジネスには向いているかもしれませんが、日本ではまだ一般に普及していない、利用しずらい傾向にある気がします。顔に直接当てずに話せたとしても、PDAに向かって話しかけている姿は、あまり想像できません。その辺の対応もとてもきなるところです。

僕は京ぽん利用者なので、通話定額も含めてWillcomには期待するところが大きいです。無線を利用した完全な通話・データ料定額、料金も良心的な夢のサービスを望んでしまいます。

投稿者 robosheep : 2005年10月21日 09:39 | コメント (5) | トラックバック


>通話機能以外に他のPDAと差別化できるような所がないような

データ・音声通信機能内蔵、という一点だけでも、PDA利用者の感覚からすると大きな製品価値があります。(カード抜き差しは何かとメンドい)
このタイプのキーボード内蔵でWindowsMobile搭載なのも初めてで、クラムシェルよりもコンパクトで扱いやすく、且つフルキーボードが使えるのもポイント。100万画素級の内蔵カメラも、一般向け製品では初でないかな。

投稿者 Anonymous : 2005年10月21日 10:48


なるほど、ありがとうございます。

就職の折にPDAをほしいと思っているので、もっと勉強しないとだめみたいですね。選ぶ時の参考にさせてもらいます。

投稿者 robo sheep : 2005年10月21日 13:28


えぇー?
コレPC?携帯?電卓??

世の中には不思議でハイテクな物があるんですねぇ。

投稿者 猫柳 : 2005年10月21日 15:53


ええと、小さなPCに通話機能がついたもの?と表せばいいんでしょうか?メールやネットも使えます(速度は遅いですが)。

まだ使ったことがないんですが、仕事にも使えそうなので期待しています。

投稿者 robo sheep : 2005年10月21日 17:27


W-SIM(ウィルコム シム)

いくつかの製品が発売予定みたいです。

投稿者 robo sheep : 2005年10月21日 17:48

カテゴリーを移動しました

 WebカテゴリーのうちインターネットとリンクをLifeのネットに、BlogをTechnicalのWebに移動、MobileカテゴリーをTechnicalの中に移動しました。それから、それぞれの中のカテゴリーを整理しました。

投稿者 robosheep : 2005年10月20日 17:07 | トラックバック

CAVE出向2回目

 今日、CAVEに行ってきました、まだ2回目です。今回はプログラムを持っての遠征です。とりあえず問題点を列挙

・コンパイルできないので、CAVEに関係ないエラーすら見落としてしまい、それを直すのに時間がかかる。
・傾向の違いで、さらなるバグが発生。デバックしながら実行とかもできないので、原因が見つかりにくい。
・テクスチャーが読み込めなかった。
・点が表示できなかった。
・描画される範囲が、あまり広くない。
・部屋が狭いのに加え、大きくてデリケートなCAVEに気を配らなきゃいけないので、あそこで長時間コーディングするのは無理。
・教授がついていないと部屋が使えないので、頻繁にCAVEに行くことができない。
・ネットが使えないとコーディング中に調べたいこととかが分からない。

後半はもう何度も言ってることなんですが、たのむからなんとかしてください・・・。
結局、今日はテクスチャも貼っていない立方体を、10万個ほど表示しただけに終わりました。

なかなか難しい子ですが、描画されればいい奴なんです、ホントに。

投稿者 robosheep : 2005年10月19日 18:45 | コメント (4) | トラックバック


コンパイル出来ないのは辛そうですね・・・

そんな時は、廊下にこっそり無線LAN-APを設置した上でノートPCを持ち込んで、研究室PCにRemoteDesktop。研究室PCにさえ辿り着ければ、ちっとは作業しやすいかも・・・

投稿者 TYTAL : 2005年10月19日 20:33


んーそれも面白そうですね。

 昨日は確認できなかったんですが、CAVE室にCAVEのPCとは別にウィルスチェック用らしきネット繋がったマシンがあったんで、それ使えれば少しは・・・。

 Willcom持ってるんで、ノートに繋いでネットプラン追加してやろうかとも思った・・・。

投稿者 robo sheep : 2005年10月20日 08:53


入ってたプログラムの「ローラーコースター」やらを体験してきましたが、まるで操作ができませんでした。

…見学した3年勢の評価はあまりよろしくないようです。

投稿者 あせろら : 2005年10月21日 08:15


物は良いのですが、サンプルが酷いです。

ちなみにローラーコースターは自分で作ったコースを走れる設定だったみたいです。名前は忘れましたが日本語に直すと”吐き気”みたいな名前で、その名の通り3D酔い発生器でしたが。

ここは、僕がよいサンプルを・・・・できればいいな。
FPSが作りたい。

投稿者 robo sheep : 2005年10月21日 08:29

一応数学科なので力学的に

 1月の学会発表ではCAVEを使った力学的対象、複素2次元のエノンマップをやるといってました。なんのことだか理解していないんですが、そんな難しくないとのことです。

んでそれをやるために作っておくもの。
1.CAVEでどのぐらいの数の点をどういう形式で、処理落ちがあまりなく描画できるのか調べる。そのために、4次元でランダムに生成した点を4次元で回転させた後、それを描画するテスト用プログラムを作る。

2.コーディング場所と、コンパイル&実行場所が離れているうえに、後者は頻繁に利用できない。なので、メインとOpenGLのソースファイルを分離して、CAVEのmainをWindowsのmainに置き換えても動くようなものを作る。これは難しくない。これができればCAVEに行かなくてもコンパイルとプレビューができる。

3.エノンマップの計算用プログラム。これは点の座標を計算し出力するだけのもの。んで出力結果をOpenGLに読み込む。

4.3DCGソフトのデータを読み込んで描画するプログラム。研究にはあまり関係ないけど、これがあればCGソフトの恩恵に与れます。

投稿者 robosheep : 2005年10月18日 22:07 | トラックバック

新しいマシン

 研究室PCのビデオカードを新しくしようと教授に頼んだら、すんなりOK。
んで結局、新しいマシンを買うことになりました。やった〜
予算は30万前後。この研究室最高です、教授ありがとー。

 んで現在、構成を考え中。いい案があればコメントください。予算内でCGに強いマシン、が目標です。

投稿者 robosheep : 2005年10月18日 09:05 | コメント (8) | トラックバック


いいなぁー
でも、30万だと、計算能力に注力するかリアルタイム処理に注力するかで大分予算配分が変わりますよね・・・

GLのアクセラレートだけ考えるなら、PCIExpressなマザーを奪って、RealizmとかQuadroFXとか行っておくと幸せそう。こっちなら、カード一枚に全てを投資できるから、文字通り最高峰が狙えます。

自前でバリバリ計算して独自のレンダリングエンジンを作るんだー、とか、新たな表現技法をー、とかいう目的であれば、Xeon/Opetron2発とかでないと全く幸せになれなそう。こちらはシステム一式揃えないといけないので、あまり上は狙えませんね・・・

投稿者 TYTAL : 2005年10月18日 11:58


 んー 正直な話、ビデオカードを買い換えようとしたのは、もちろん研究もそうなんだが最近の3Dゲームがやりたいという邪な理由も無きにしも非ずなわけで。なので現在候補に上がってたのがGeforceとかだったんです。でもOpenGLならやっぱそういうビデオカードがベストだなぁ。

 ここは邪さを切り捨てて研究に生きるべきか。それとも・・・・

投稿者 robo sheep : 2005年10月18日 12:59


QuadroFX君なら、DirectXもバリバリ行けますよー。
又は、FireGL。

投稿者 TYTAL : 2005年10月18日 13:56


基本的にはリアルタイム仕様で。とりあえず新候補

1. PCIExpressな他の人のマシンと交換&増設
1.1 Geforce7800GTX 6〜7万
1.2 Wildcat REALiZM 800 約25万
1.3 Quadro FX 4500 約30万

2.新しいマシンを買う
例えば、DELL XPS600 (7800GTX SLI) 約35万

XeonだったりRealizm入れてマシン作ると、40万超えたりして予算外っすね、やっぱり。Realizm 200とかで我慢するといいのかも(さらにXeonとRealizm組み合わせたりなんかすると目玉が飛び出たり。まぁCAVEにはそのマシンが5台もつながってるわけですが。(CAVE自体はもっともっと高いが

CAVEがRealizmPCな以上、研究メインならRealizm増設がよさそうです。ゲームやりたいならGefore・・・。QuadroFXよさげです、3dmarkとかやってるレポートは見つかりませんが。

投稿者 robo sheep : 2005年10月18日 15:38


豪華だ・・・

因みに、3DLabsなカードを使ってると、3DLabs製GLSL(OpenGL Shading Language)とか、その他OpenGL2.0関係の開発ツールがフルスペックで動作するので、ちょっと楽しいです。
WildcatVPでチョコチョコ遊んでましたが、当時と比べて大分function増えてるし、表現力も上がってるし。

投稿者 TYTAL : 2005年10月18日 16:21


その候補を提示したら、何故か教授は「必ずしもOpenGL特化じゃなくていい」みたいな事を言っていました。新しいマシンを買うほう方向のが良いみたいです。

んで、こんなのを紹介していました。大学生協オリジナルオーダーパソコン univ
Athlon64と7800積んでスペック上げても30万くらいです。ディスプレイつかないし。

どうせAthlonなら7800SLIにしたいけど、多分これでも十分。でもAthlon64とかちゃんと調べてないから、ちょっと怖がってたり。

投稿者 robo sheep : 2005年10月18日 20:35


http://www.elsa-jp.co.jp/product/01hiend/fx4500/index.html

こんなのは?
ELSA NVIDIA Quadro FX 4500
価格も予算内だけよw
でも、ほぼ全額w

投稿者 RAYMAX : 2005年10月18日 22:05


教授は30万前後でマシンを1台買いたい方針みたいです。

投稿者 robo sheep : 2005年10月18日 22:29

スタイルシートなどの変更

 スタイルシートを変更、スタイルシートの限界に挑戦したいと思っています。
その代わり、テンプレートの内容はどんどんややこしくなってきます。

 それからHPの方をリンクを切って、代わりにこちらに繋ぎました。
今日からこっちが僕のHPです。旧HPの内容もどんどんUPしていきます。

投稿者 robosheep : 2005年10月17日 10:55 | トラックバック

ビデオカード

 研究室のマシンのビデオカードを新調予定。もちろん研究のためですよ、もちろん。

1.今までのマシン(AGP)で一番良いビデオカードを買う。
2.新しいマシンを買う。
3. 研究室の他の人のマシン(PCI Express)と僕のマシンを交換して、PCI Expressで高いビデオカードを買う。

予算は多くはなさそうですが、7800 GTXは買えそうなぐらいです。新マシンも安ければ・・・。
とりあえず、値段とスペックをまとめてくれということです。

自分がとても恵まれた環境にいることを自覚します。

投稿者 robosheep : 2005年10月16日 13:18 | トラックバック

CAVEのサンプル

 CAVEに入っていたサンプルプログラムを追記に書き込みました。

 これは赤い球を表示するだけなので単純ですが、他のサンプルも単純です。つまり、CAVEに関する処理にはほとんど気を使わずに、OpenGLのコードに集中できます。現在はこれらのサンプルを元に前回作った星のプログラムを作り、環境の簡単な負荷テストをしようと考えています。

#include
#include

void init_gl(void);
void draw(void);
GLUquadricObj *sphereObj;

int main(int argc,char **argv) {
/* Initialize the CAVE */
CAVEConfigure(&argc,argv,NULL);
/* Give the library a pointer to the GL initialization function */
CAVEInitApplication(init_gl,0);
/* Give the library a pointer to the drawing function */
CAVEDisplay(draw,0);
/* Create the multiple processes/threads and start the display loop */
CAVEInit();

/* Wait for the escape key to be hit */
while (!CAVEgetbutton(CAVE_ESCKEY)) {
/* Nap so that this busy loop doesn't waste CPU time reset timeval struct every time for linux compatibility */
CAVEUSleep(10);
}

/* Clean up & exit */
CAVEExit();
return 0;
}

void init_gl(void) {
float redMaterial[] = { 1, 0, 0, 1 };
/* Enable light source 0 */
glEnable(GL_LIGHT0);
/* Set material to color both front and back face to a diffuse red */
glMaterialfv(GL_FRONT_AND_BACK, GL_DIFFUSE, redMaterial);
/* Create a glu quadric object */
sphereObj = gluNewQuadric();
}

void draw(void) {
/* Set clear color to black and clear both the screen and the zbuffer */
glClearColor(0., 0., 0., 0.);
glClear(GL_DEPTH_BUFFER_BIT|GL_COLOR_BUFFER_BIT);
/* Turn lighting on */
glEnable(GL_LIGHTING);
/* Draw a sphere */
glPushMatrix();
glTranslatef(0.0, 4.0, -4.0);
/* Draw a sphere using GLU quadric object. Radius = 1, Slices = 8. Stacks = 8 */
gluSphere(sphereObj, 1.0, 8, 8);
glPopMatrix();
/* Turn lighting off */
glDisable(GL_LIGHTING);
}

投稿者 robosheep : 2005年10月15日 12:46 | トラックバック

どんどん画像を追加していきます

 画像の追加は更新履歴には載らないようにしたので(量が多いから)、しばらくは手動で確認してください。あと良い画像はLifeに載せたりします。

 画像にコメントもできます。

投稿者 robosheep : 2005年10月14日 20:11 | トラックバック

アルバムにサムネイルを追加

 イメージアルバムにサムネイルを追加しました。それから、フォトアルバム以外の画像の復元が終わりました。他には、それぞれのブログのRSSもMultiBlogでつないで一つにしました。

関連リンク;
Creating a Photo Album:http://www.elise.com/mt/archives/000334creating_a_photo_album.php

投稿者 robosheep : 2005年10月14日 19:39 | トラックバック

大幅更新

 いろいろと更新、変更をいたしました。


○今回行なったこと

・カレンダーなどの右部分を削除し、カテゴリーを上ナビゲーションバーの2段目に、アーカイブと検索を下のナビゲーションバーに移動しました。

・robo sheepの日記を削除、サイト名を「Pebble In The Sky」としてカテゴリー別に新たにブログをいくつか作りました。
 Life:雑記、生活、勉強、etc.
 Web:インターネット、blog,etc.
 Technical:元CGのブログ。CG,VR,et.。Programなどを追加予定。
 News:エントリーを持たない。その他のブログのエントリーの概要を表示する、ヘッドラインのようなブログ。

 Newsについては、LMTのチュートリアル、Combining Multiple Blogs Into Oneを参考にし、MultiBlogというプラグインを使用しました。

投稿者 robosheep : 2005年10月14日 11:05 | トラックバック

ブログを再構築しました

 エラーが多かったり大幅な変更がしたかったので、短絡的にいろいろやったら、ほとんどが失敗につながりました。

 今回起こったこと

・ブログの移動をしようしましたが、設定ファイルを変えただけだったので画像等は移動せず、バックアップをとらずに以前のフォルダを消した結果、画像ファイルを失う結果になりました。

・フォトアルバムの内容をブログから保存せずに、FTPで直接ローカル落とした結果、それらのエントリーとテンプレートを復元できなくなりました。

・エントリーの保存だけができないエラー、メインメニューの右下のシステムの状態で表示よりもブログの数が多く表示されるエラーが出ていたので、思い切ってMTを再インストール(フォルダの削除とDBの初期化)をしました。それらのエラーはなくなりましたが、たまに同じようなスクリプトエラーが発生するようになりました。加えて、以前のURL、http://render.s73.xrea.com/weblogの方がなぜか使えなくなりました。

・フォトアルバムの代わりに、イメージアルバムというブログをつくり、全てのイメージをそこに保存するようにしました。まだ復元できていない画像がありますが、できるだけ早く復旧させる予定です。


などなど、とても情報科の学生とは思えないことをしでかしてしまい、かなり反省しています。個人のHPなので損害は出ませんでしたが、今後社会人になり責任ある立場になったときに、同じような失敗はしないよう教訓にしたいと思います。

とりあえず、定期的な睡眠をとったほうがいいのかもしれません。

投稿者 robosheep : 2005年10月13日 07:35 | トラックバック

トップカテゴリーを別ブログにしました

 CGMoblieのカテゴリーを新しいブログにして、それをナビゲーションバーでリンクするようにしました。他のトップカテゴリーについても、内容に応じてブログ化するつもりです。

 それらのブログの最新エントリーの概要をトップブログに表示させる予定です。と言うより、トップは他のブログのヘッドライン&雑記用にしてしまうつもりです。(Homeのように)

 データの移動にTypeMoverを使用しようと思いましたが、アップロードがうまくいかず、結局MTの読む込み/書き出し機能やテンプレートの外部ファイルリンク機能を使いました。


関連リンク
MTのバックアップ用プラグインTypeMover:http://www.zonageek.com/software/mt/typemover/

投稿者 robosheep : 2005年10月13日 03:04 | トラックバック

テンプレートの微調整

○変更点

・今まではcontentクラスをMTEntriesの内側に入れて、無理やりエントリ毎のボーダーラインを引いていましたが、それを元に戻して代わりとなるクラスを設置。それができなかったアーカイブページでも、エントリー毎のボーダーが表示されるようにしました。

・個別のエントリーもボーダーで囲むようにしました。

・ボーダーラインとエントリーの内容との隙間(padding)を調整。

・メインページでコメントが表示されるようにしました。

・スタイルシートの内容を変更。ブログをHOMEに近づけました。

投稿者 robosheep : 2005年10月11日 22:28 | トラックバック

3ds maxのAutodeskがMayaのAliasを買収

 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0510/05/news030.html

 反応が遅かったことに反省しつつ、とても驚き。これからどうなっていくのでしょう?

投稿者 robosheep : 2005年10月10日 09:29 | トラックバック

ブログの統一

 mixiの日記をなくして、ここのブログと直結しました。

投稿者 robosheep : 2005年10月09日 18:27 | トラックバック