SIGGRAPH Asia 2009

|
SIGGRAPH Asia 2009に参加してきました。
見れたのは展示のみ、本当は論文発表等を見たかったのですが今回は駄目でした。

とりあえず、展示会で気になったものをご紹介します。


< UEI iPhoneとARとHMDを合わせたデバイス >
IMG_0392.JPG
iPhoneのGPSとコンパスを使い、向いている方向に合わせてHMDに映った地図が回転するそうです。ここでは付けてみることはできなかったのですが、実際にどのように見えるのかが気になりました。
iPhoneとARとHMDと自転車

< MITメディアラボ Sixth Sense >
IMG_0397.JPG
有名なMITメディアラボの投影型AR。(写真の写りが悪くて分かりにくいですが)実際に見るのは初めてだったので、とても面白かったです。
Sixth Sense

< 幽霊退治AR 「KAIDAN」 >
IMG_0394.JPG
光の効果と立体音響でとても怖いAR幽霊を体験できました。途中、耳元で幽霊の音がしてCGが出たときは、かなり驚きました。
まるで怪談の世界に入り込んだかのように幽霊を体感できるインタラクティブアトラクション「KAIDAN」

< ARゴーグルを使ったシュミレーションゲーム 「SCOPE」 >
IMG_0398.JPG
これもムービーは見ていましたが、実際に見るのは初めてだった物です。ポインティングデバイスではなく、メニューマーカーと見ている位置を使ってGUIを操作しているのが面白かったです。
SCOPE - LEVAL VIRTUAL 2009

< その他 >
IMG_0387.JPG
目新しいものではないですが、リアルタイムレイトレーシングのデモ。実際に見るとやはり綺麗です。これを立体視で見れるデモもありました。解像度が大きく、かなりのリアルなCGでした。

Quadro Plexは200万円ぐらいとのこと・・・・。
ほしいなぁw


論文発表は見れなかったですが、非常に楽しいイベントでした。
英語力をもっと付けて、次は本場のSIGGRAPHに参加したいです。

このブログ記事について

このページは、PipeRが2009年12月19日 16:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オライリーの「Learning OpenCV」の日本語版」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01a