CGの最近のブログ記事

SIGGRAPH Asia 2009

|
SIGGRAPH Asia 2009に参加してきました。
見れたのは展示のみ、本当は論文発表等を見たかったのですが今回は駄目でした。

とりあえず、展示会で気になったものをご紹介します。


< UEI iPhoneとARとHMDを合わせたデバイス >
IMG_0392.JPG
iPhoneのGPSとコンパスを使い、向いている方向に合わせてHMDに映った地図が回転するそうです。ここでは付けてみることはできなかったのですが、実際にどのように見えるのかが気になりました。
iPhoneとARとHMDと自転車

< MITメディアラボ Sixth Sense >
IMG_0397.JPG
有名なMITメディアラボの投影型AR。(写真の写りが悪くて分かりにくいですが)実際に見るのは初めてだったので、とても面白かったです。
Sixth Sense

< 幽霊退治AR 「KAIDAN」 >
IMG_0394.JPG
光の効果と立体音響でとても怖いAR幽霊を体験できました。途中、耳元で幽霊の音がしてCGが出たときは、かなり驚きました。
まるで怪談の世界に入り込んだかのように幽霊を体感できるインタラクティブアトラクション「KAIDAN」

< ARゴーグルを使ったシュミレーションゲーム 「SCOPE」 >
IMG_0398.JPG
これもムービーは見ていましたが、実際に見るのは初めてだった物です。ポインティングデバイスではなく、メニューマーカーと見ている位置を使ってGUIを操作しているのが面白かったです。
SCOPE - LEVAL VIRTUAL 2009

< その他 >
IMG_0387.JPG
目新しいものではないですが、リアルタイムレイトレーシングのデモ。実際に見るとやはり綺麗です。これを立体視で見れるデモもありました。解像度が大きく、かなりのリアルなCGでした。

Quadro Plexは200万円ぐらいとのこと・・・・。
ほしいなぁw


論文発表は見れなかったですが、非常に楽しいイベントでした。
英語力をもっと付けて、次は本場のSIGGRAPHに参加したいです。

詳解 OpenCV
詳解 OpenCV松田 晃一

オライリージャパン 2009-08-24
売り上げランキング : 3148


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


オライリーから出版されている洋書「Learning OpenCV」の日本語版、「詳解 OpenCV」が8月22日に発売になります。
amazonから予約できます。

この本では何と、工学ナビの橋本さんと一緒に「Webカメラで手や物体を感知するディスプレイ」という特別付録を書かせていただきました。
また、日本語版の特別付録としてはその他にも、「iPhone OSへのOpenCV/FaceDetectionの移植と高速化」などがあります。

付録では、「ARToolKitの物体認識 その② 指認識」で使用した「手認識」に関する技術の解説等も行っています。

disttrans01.jpg   labeling01.jpg  

今回のプログラムで使用した関数など、こちらの本に詳しい解説や数式などが載っており、理解するのにとても役立ちました。
非常にお勧めです。


OpenGL

|

autodraw04.jpg

autodraw04_glut.zip

プログラムに関しては2006年07月01日19:29の日記を見てください。

半2

|

autodraw02.jpg

動く

autodraw02.zip
プログラムに関しては2006年07月01日19:29の日記を見てください。

半3D

|

autodraw01.jpg

autodraw01.zip


mosquito01.jpg

2.4D01_glut.zip


anime01.jpg

animation01.zip


いきなりですが、作ってみました。GLUTなので一応Windows以外でも動かせる"はず"、です。
でもGLUTなのでGLUT入ってないと動きません。

windowsの方は実行ファイルと同じフォルダ内にこれ置いといてください。
glut32.dll

macは標準対応してるらしいので、そのまま使えるみたい

linuxもないのでmesaを入れるといいそうです
Mesa のインストール (Linux)

とは言うものの、XPでしか動かしてなかったり、そもそもzipで圧縮して大丈夫なんだろうか?とか、いろいろあやしいので、なんかあったらメールでもください。(そのうち対応する"かも"しれません。

NovellのXGL

|

NovellからX11の描画技術"XGL"機能強化版

movie-cube_sm.jpg

静止画見るとぱっとしませんが、本家のムービー見ると感動します。ああ、Linuxかぁ。すげー面白そうだけど、そんな時間なさそう。

(Looking glassとどっちが楽しいんでしょう?

 Need for speed most wantedやQuake3が携帯でできるようになるらしいです。すばらしい。
EAやCode MonkeysなどGoForce 5500向け3Dコンテンツ開発(ITmedia)
生協にOpenGL ESの本が売っていたのを思い出しました。

3GSM World Congress 2006(ITmadea)でデモが出てるそうです。携帯電話用グラフィックスチップは以前からあったみたいですが、これを機に新しい携帯を買うかもしれません。開発が楽だといいんですが・・・。

 Geforceと間違ってしまった、Goforceなんだなぁ

3GSM World Congress 2006(公式)

Vertex shaderで4次元の回転

|

glsl02.gif

Vertex shaderでxw, yw平面の回転を計算し、表示した図です。色はまだ調整していないので、こんなんなっています。

見ての通り、フレームレートが落ちています。ちなみにCPU計算では落ちません。
これは僕のコードがおかしいからか、点が多いのでこれが限界なのか・・・。(でも1万点ぐらい

ビデオカードはGeforce 7800 GTX、Vertex Shaderユニットは8基。

GLSLテスト

| | コメント(1)

glsl01.gif

 shaderのテスト。Fragment Shader(Pixel shader?)でセルシェーディングして、Vertex shaderでスケーリングしてます。スケールがマイナスだとポリゴン裏返ってるな。これ、CAVEのテスト用に使う予定。

 次はもっとVertex shaderっぽい使い方をしたいな。(波とか

昨日OpenGLでCgを少しいぢり始めました。そして長時間寝て、起きてから気づいた。

「4次元の回転ってVertex shader使えばいいじゃん!!」

jehoshaphat!
こんな単純なことに何ヶ月も気づかなかった俺、アフォです。でも問題はCAVE libraryが対応しているかどうか。ちょいと調べてみたけど、CAVEでGLSLとか使ってる例が見つかりません。QVICのビデオカードがWildcatなので、GLSLの方がいいとは思うんですが。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちCGカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは研究です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01a